起業するならぜひこのサービスを利用してほしい

>

どんな人が利用するの?

多くの方に支持されている決済方法

消費者が買い物をしたりサービスを利用した際の支払い方法について、企業側では支払い方法の選択肢を増やし、消費者が利用しやすいように努力しています。
その中で、コンビニ決済代行は非常に支持されている決済手段となっています。

現在、コンビニ決済以外に消費者が買い物をした時に利用できる支払い方法としては、
・直接現金で支払う
・クレジットカードで支払う
・銀行や郵便局の振込
・交通系ICカードで支払う
・IDやEDIで支払う
などが一般的です。

様々な支払い方法がある中で、コンビニ決済代行サービスを利用する購入者はECサイトを利用する方の4割にのぼり、クレジットカードや代金引換に次いで利用率が高いという統計が出ています。

店側、客側のメリット、狙う客層

消費者側から見た代行決済のメリットをまとめました。

・近所のコンビニで365日いつでも支払いができるので、特に、忙しくて銀行や郵便局の営業時間内に窓口へ行く事が出来ない会社員や、学生に重宝されている。
・コンビニなら大抵近所にあるので、遠くて支払いに行くのが大変だという事がない。
・クレジットカードを持てない、持たない人や未成年でも利用できる。
・クレジットカードの決済はデータを盗まれないか不安だという方に選ばれている。
・現金払いをしたいという方(主にシルバー層)に好まれる。

販売者側から見て決済代行を導入するメリットをまとめました。

・請求書発行の手間が省ける。
・銀行や郵便局に比べて手数料が安い。
・請求書の発行を代行してくれる。
・支払いデータがリアルタイムで見られる。
・請求金額の変更、削除が簡単にできる。

双方にとって、大変便利なサービスと言えますね。


この記事をシェアする